利用制限はゆるい

返済民事再生を行いたいと思った場合、住宅ローンを緩和することはできません。また、3年間で借金の返済がどう考えてもできないと判断されれば、裁判所からの認可がおりない場合が一般的なので、民事再生は難しくなります。しかし、これ以外には特に利用制限はないので、比較的制限は緩くなっていると言えるでしょう。例えばギャンブルにつぎ込んだなど、遊ぶために借金をした場合でも利用できます。

なぜ借金をしたのかという理由に関しては制限がないというのもメリットでしょう。ただし、遊ぶために借金をした人が、実際にきちんと計画通り返済できるかは微妙です。本当に心から反省をしていれば問題ないでしょうが、浪費癖のある人というのは、そう簡単に治りません。民事再生は弁護士だけではなく、裁判所も関係しているので、計画通り返済できないでは済まないのです。

もし計画通り返済されていない場合には、債権者がきちんと返済されていない旨を裁判所に申し立てることができます。そうなれば民事再生をしたとしても、計画そのものが取り消しになり、申請したことで減額された借金も全て元通りになってしまうのです。ただし、まじめに返済していることがわかれば、返済期間の延長や一部免除されるケースもあるので、きちんと計画通りに実行しようとする意志が大切になります。

民事再生の手順

探す民事再生を行う場合には、まず弁護士に相談をして、しっかりと手順を踏まなければいけません。弁護士に相談をする場合には、必要な書類を用意する必要もあります。書類を渡して民事再生が可能かどうか判断し、問題なければ依頼をして手続きを行うようになるのです。まずは弁護士の指示に従って必要な書類の作成を行うのですが、この時点で借金の取り立てがなくなります。

住宅ローンが含まれている場合には省かれるので注意しましょう。必要な書類を作成したら、裁判所に民事再生の申し立てを行います。裁判所の方で審査を行い、問題がなければ今度は再生計画を弁護士と一緒に行っていきます。大体審査には1ヵ月前後かかると思ってよいでしょう。再生計画書を作成していき、この計画書も裁判所に提出することになります。

問題なければ認可がおりるので、この時点から3年間で借金を返済していきましょう。ちなみにどう考えても3年間で借金の返済ができない場合には、認可されないこともあるので注意しましょう。どうしても認可されないような場合には、あらかじめ弁護士から民事再生は難しいと言われるのが一般的です。再生計画書の作成は弁護士の力量が重要視されるので、債務整理に詳しい弁護士に依頼することが大切になります。

利用条件もある

家民事再生は個人でも法人でも行うことは可能ですが、どのような状態でも利用できるわけではありません。借金にもいろいろな種類が存在しているのですが、個人の場合には家をローンで購入したのはよいものの、増税や不景気、物価高によって支払いができずに家を手放すこともあるでしょう。場合によってはローンを支払うために借金をしてしまう人もいるのです。

基本的に民事再生の場合には住宅ローンの借金を返済するのに利用することはできません。住宅ローンの場合には、支払えない状態で放置しておくと、やはり家を取られて競売にかけられてしまいます。このような場合には住宅問題に詳しい弁護士に相談しましょう。ただし、住宅ローン以外にも借金がある場合には、問題なく民事再生を行うことができるのです。

また、民事再生を行っても借金の返済をするのは到底無理だと判断された場合には、やはり民事再生を行うことはできません。民事再生を行うためには、裁判所に申し立てを行い、審査をしてもらう必要があるのです。問題がある場合には、地方裁判所の認可がおりませんので、残念ながら自己破産となってしまうでしょう。民事再生で借金の返済が可能であることが審査の基準なので、再生可能であればまず認可がおりるでしょう。

民事再生で借金返済

民事再生は法人が借金をした場合に行うことが多いのですが、個人であっても行うことが可能です。個人の場合には個人再生を行うケースが一般的ですが、この2つは手続きの方法が異なるだけで、基本的には一緒であるため、同じようにして説明をする弁護士事務所もたくさんあります。できれば民事再生ではなく、もっとデメリットが少ない任意整理を行うのがよいのですが、借金の金額が多い上に、返済が少々厳しくなると利用できない場合もあるのです。

弁護士そんなときに民事再生を行うことで、借金を大幅に減らすこともできるのです。ただし、借金がなくなるわけではありませんし、裁判所に申し立てを行う必要も出てくるので、弁護士への相談は必須になります。どうしても返済が難しい場合には、自己破産という手しかなくなってしまうこともあるのですが、自己破産は財産の大半を取られてしまいます。かなりデメリットも多いので、何としても民事再生にしたいと希望する人も多いでしょう。

債務整理にあまり詳しくない弁護士に相談をしてしまうと、自己破産をすすめられることもあるのですが、債務整理に詳しい弁護士に相談をすれば、民事再生で何とかしてくれることもあるのです。民事再生は自己破産と違い、会社や家などを失う必要もありません。どうしても自己破産を避けたい場合には、早めに債務整理に詳しい弁護士に相談をしましょう。当サイトでは民事再生についての情報を記載しているので、借金に悩んでいる人は参考にしてみてください。

参照HP⇒弁護士に借金の相談