民事再生の手順

探す民事再生を行う場合には、まず弁護士に相談をして、しっかりと手順を踏まなければいけません。弁護士に相談をする場合には、必要な書類を用意する必要もあります。書類を渡して民事再生が可能かどうか判断し、問題なければ依頼をして手続きを行うようになるのです。まずは弁護士の指示に従って必要な書類の作成を行うのですが、この時点で借金の取り立てがなくなります。

住宅ローンが含まれている場合には省かれるので注意しましょう。必要な書類を作成したら、裁判所に民事再生の申し立てを行います。裁判所の方で審査を行い、問題がなければ今度は再生計画を弁護士と一緒に行っていきます。大体審査には1ヵ月前後かかると思ってよいでしょう。再生計画書を作成していき、この計画書も裁判所に提出することになります。

問題なければ認可がおりるので、この時点から3年間で借金を返済していきましょう。ちなみにどう考えても3年間で借金の返済ができない場合には、認可されないこともあるので注意しましょう。どうしても認可されないような場合には、あらかじめ弁護士から民事再生は難しいと言われるのが一般的です。再生計画書の作成は弁護士の力量が重要視されるので、債務整理に詳しい弁護士に依頼することが大切になります。