利用制限はゆるい

返済民事再生を行いたいと思った場合、住宅ローンを緩和することはできません。また、3年間で借金の返済がどう考えてもできないと判断されれば、裁判所からの認可がおりない場合が一般的なので、民事再生は難しくなります。しかし、これ以外には特に利用制限はないので、比較的制限は緩くなっていると言えるでしょう。例えばギャンブルにつぎ込んだなど、遊ぶために借金をした場合でも利用できます。

なぜ借金をしたのかという理由に関しては制限がないというのもメリットでしょう。ただし、遊ぶために借金をした人が、実際にきちんと計画通り返済できるかは微妙です。本当に心から反省をしていれば問題ないでしょうが、浪費癖のある人というのは、そう簡単に治りません。民事再生は弁護士だけではなく、裁判所も関係しているので、計画通り返済できないでは済まないのです。

もし計画通り返済されていない場合には、債権者がきちんと返済されていない旨を裁判所に申し立てることができます。そうなれば民事再生をしたとしても、計画そのものが取り消しになり、申請したことで減額された借金も全て元通りになってしまうのです。ただし、まじめに返済していることがわかれば、返済期間の延長や一部免除されるケースもあるので、きちんと計画通りに実行しようとする意志が大切になります。