利用条件もある

家民事再生は個人でも法人でも行うことは可能ですが、どのような状態でも利用できるわけではありません。借金にもいろいろな種類が存在しているのですが、個人の場合には家をローンで購入したのはよいものの、増税や不景気、物価高によって支払いができずに家を手放すこともあるでしょう。場合によってはローンを支払うために借金をしてしまう人もいるのです。

基本的に民事再生の場合には住宅ローンの借金を返済するのに利用することはできません。住宅ローンの場合には、支払えない状態で放置しておくと、やはり家を取られて競売にかけられてしまいます。このような場合には住宅問題に詳しい弁護士に相談しましょう。ただし、住宅ローン以外にも借金がある場合には、問題なく民事再生を行うことができるのです。

また、民事再生を行っても借金の返済をするのは到底無理だと判断された場合には、やはり民事再生を行うことはできません。民事再生を行うためには、裁判所に申し立てを行い、審査をしてもらう必要があるのです。問題がある場合には、地方裁判所の認可がおりませんので、残念ながら自己破産となってしまうでしょう。民事再生で借金の返済が可能であることが審査の基準なので、再生可能であればまず認可がおりるでしょう。