民事再生で借金返済

民事再生は法人が借金をした場合に行うことが多いのですが、個人であっても行うことが可能です。個人の場合には個人再生を行うケースが一般的ですが、この2つは手続きの方法が異なるだけで、基本的には一緒であるため、同じようにして説明をする弁護士事務所もたくさんあります。できれば民事再生ではなく、もっとデメリットが少ない任意整理を行うのがよいのですが、借金の金額が多い上に、返済が少々厳しくなると利用できない場合もあるのです。

弁護士そんなときに民事再生を行うことで、借金を大幅に減らすこともできるのです。ただし、借金がなくなるわけではありませんし、裁判所に申し立てを行う必要も出てくるので、弁護士への相談は必須になります。どうしても返済が難しい場合には、自己破産という手しかなくなってしまうこともあるのですが、自己破産は財産の大半を取られてしまいます。かなりデメリットも多いので、何としても民事再生にしたいと希望する人も多いでしょう。

債務整理にあまり詳しくない弁護士に相談をしてしまうと、自己破産をすすめられることもあるのですが、債務整理に詳しい弁護士に相談をすれば、民事再生で何とかしてくれることもあるのです。民事再生は自己破産と違い、会社や家などを失う必要もありません。どうしても自己破産を避けたい場合には、早めに債務整理に詳しい弁護士に相談をしましょう。当サイトでは民事再生についての情報を記載しているので、借金に悩んでいる人は参考にしてみてください。

参照HP⇒弁護士に借金の相談